【初心者向け】読者に好かれる文章にするための7つの基本テクニック

こちらでは、ブログを書くときの基本的な文章テクニックを紹介します。

あなたは調べものをしているときに「この文章読みづらいな…」と思って、サイトを閉じたり、戻るボタンを押して違うサイトを見に行った経験はありませんか?

読みにくい文章って、それだけで滞在時間を短くしてしまうんですよね。

Googleはこういったユーザーの行動も見ていると言われてて、同じキーワードで上位にある記事と比べて滞在時間が短すぎると、検索順位に悪影響を与えると言われています。

ブログ記事に慣れていない方は、これから紹介する7つのテクニックを真似してください。

それだけで、読者にとって読みやすい文章が作れるようになります。

読者に好かれる文章にする7つの基本的テクニック

読者に好かれる読みやすい文章にするには、以下の7つの項目をチェックしていきましょう。

  • 1.難しい言葉・漢字を使わない
  • 2.一文を長くし過ぎない
  • 3.適度に改行する
  • 4.見出しを利用する
  • 5.重要な部分は強調する
  • 6.「です」「ます」を3回以上連続で使わない
  • 7.箇条書きを使う

めちゃくちゃ基本的なことばかりなので、出来ている方はスルーしてください。

逆に、この7つの項目を見て、「出来ているかな?」と心配になったなら、しっかり読んで、あなたのブログを読みやすくするために取り入れていきましょう。

1.難しい言葉・漢字を使わない

記事の内容はターゲットにもよりますが、中学生でも分かる文章を作るのが基本です。

あなたが知っている言葉でも、そのジャンルの初心者が読むような記事に難しい専門用語などを書いても「?」となってしまい、記事を読むのがストレスになってしまいます。

どーしても専門用語を使う必要があるなら、その用語の意味なども書いてあげましょう。

また、難しい漢字を使うのもNGです。

所謂→いわゆる
予め→あらかじめ
何故→なぜ
既に→すでに
暫く→しばらく

難しい漢字と言いましたが、「硬い感じがする漢字」といった方がいいかもしれません。

あなたから見て、「この漢字は中学生、小学生が読むには硬い感じがする」といった主観で判断して、「ひらがな」を使って柔らかい漢字にするようにしてください。

2.一文を長くし過ぎない

人によって長いという感覚は違いますが、大体90文字以内に抑えるのが理想です。

90文字を超えると、ブログの本文部分で3行以上になってしまうので、少しだけ文章が重たくなって読みにくいイメージがあります。

感覚的なものですが、3行びっちり書かれていると読みにくいですね。

3.適度に改行させる

「一文を長くし過ぎない」と同じで、改行がないと読みにくいです。

【例】
例えば、こちらの文章のようにズラズラと文字が並んでいると「なんだか読みにくいな」「こんな文章読みたくない!」と思って、この文章の塊を読み飛ばしてしまうと思うんですよね。僕がもし、調べものをしてて、こんな文章が出て来たら、間違いなく他のサイトを見に行きます。こちらの文章は文字を少し小さくしているので、読みやすいかもしれませんが、通常の大きさで書くとかなり読みにくいはず。適度に改行するだけで読みやすさが全然変わってきますよ。 

このように、改行が一切ないと読みにくくなりますよね。

改行できる場所や文章が長くなりそうなら、一旦、文章を切ってあげましょう。

そうした方がユーザーにとて読みやすい文章になりますよ。

4.見出しを利用する

見出しがないと、ユーザーが見たいことが分かりにくいし、疲れてしまいます。

1つのテーマに対してダラダラと文章を書くのではなく、記事作成の前に、あらかじめどんな記事構成にするのか決めてから記事を書くようにしてください。

記事構成については、こちらの記事で詳しく書いています。

>>>ブログの基本的な記事構成!読んでもらうための文章マニュアル

5.重要な部分は強調する

文章の中で「ここは特に重要だ」と思う場所には、文字装飾をしてあげましょう。

文字が装飾されていると、読者にとっても「ここが重要なんだ」と認識されやすくなります。

文字を太文字にして強調する

・文字を赤くして強調する

文字にアンダーラインを引いて強調する

文字を大きくして強調する

僕がメインのサイトで使うのは、これら4つの強調ですね。

文字装飾の種類が多かったり、強調しすぎると逆にゴチャゴチャして読みにくくなってしまうので、1つの見出しに対して、1~3個くらいあれば十分だと思います。

6.「です」「ます」を3回以上連続で使わない

文章を書くのが苦手?な人ほど、「ます」や「です」を続けている感じがします。

「〇〇です」「〇〇です」「〇〇です」って、3回以上続いている文章って、情報をただ寄せ集めてきたロボットのような文章に感じるんですよね。

7.箇条書きを使う

箇条書きがあった方が読みやすいところは、箇条書きを利用してください。

グラフには、時系列に沿った数量の変化を表す棒グラフ、その中でも傾向を表す折れ線グラフ、全体に対する項目の構成・割合、相互関係を表す円グラフ、複数のデータ系列のバランスを表すレーダーチャートがあります。

ちょっと分かりにくいですよね。

グラフは大きく分けて4種類あります。

  • 1.棒グラフ…数量の変化を表すグラフ
  • 2.折れ線グラフ…数量の変化の傾向を見るグラフ
  • 3.円グラフ…全体の構成比を見るグラフ
  • 4.レーダーチャート…複数のデータのバランスを見るグラフ

このように、箇条書きにしてあげることで、スッキリするし、文章で長々と説明するよりも分かりやすくなりますよ。

箇条書きできそうなところは、どんどん箇条書きしていきましょう。

まとめ

以上、読者に好かれる読みやすい文章を書くテクニックになります。

最後におさらいしておきますね!

  • 1.難しい言葉・漢字を使わない
  • 2.一文を長くし過ぎない
  • 3.適度に改行する
  • 4.見出しを利用する
  • 5.重要な部分は強調する
  • 6.「です」「ます」を3回以上連続で使わない
  • 7.箇条書きを使う

全然難しいことじゃないし、ブログで記事を書くときの『基本中の基本』になるので、出来ていないことがあれば、ぜひ真似していってください。


『特化ブログ戦略』無料プレゼント!
自分の価値観で人生を楽しむためのメルマガ講座

特化ブログだけで127万円稼いだノウハウを元に
毎月10万円稼ぐ方法や考え方を伝授。

レベル別特化ブログ戦略

初心者でもゼロから作れるワードプレスマニュアル

特化ブログに必須の『キーワード選定』

etc…

このメルマガ講座では、4年間もフリーターをしていた僕が月100万円以上稼げるようになった表では出せないノウハウや考え方をお伝えします。